精力剤の成分記事一覧

精力剤にはどのような成分が含まれているのでしょうか。精力剤の成分は商品ごとに異なります。精力剤を製造する業者は、成分を微妙に配合させることによって同業他社との差別化を図っており、商品によっては数えきれないほどの成分を配合しているものもあります。精力剤の成分としては医療成分とそうではない成分とに大別することが可能です。精力剤に含まれる医療成分としては、まずはホルモンが主成分となります。男性ホルモンで...

マムシといえば猛毒を持つことで知られている毒蛇の1種です。このマムシはまたひじょうに精がつく食品としても知られており、漢方などでも古くから血行促進や滋養強壮剤として広く使用されてきました。粉末で服用することもあれば、エキスを抽出して精力剤ドリンクなどの成分として配合されているものもあります。マムシは日本でも南方を中心として広く生息しており、日本に古来から生息している数少ない毒蛇の1種です。マムシは...

「雷が鳴っても離さない」という例えでよく知られているスッポンですが、日本や中国などを始めとする東南アジア諸国では、高級食材として広く食されるとともに、精力剤の成分としても定番となっています。スッポンはかめの1種ですが、甲羅は柔らかくそのため体重はあまり重くはありません。またひじょうに臆病な正確であるため、人などが近づくとすぐに噛もうとする性質があり、それゆえに冒頭のような言葉が生まれたとされていま...

精力剤として最もよく使用される成分の1つにオットセイがあると言ったら、なんだかよく分からない話だと思う人もいることでしょう。オットセイはテレビや水族館などで見ることができる動物で、常に浜辺などの海岸付近に生息しています。驚くべくオットセイの特徴は、その繁殖のあり方です。オットセイは一夫多妻性で、それもメスの数は3頭や4頭などといった生易しいものではなく、多い場合には100頭ものメスを相手に、ただ1...

海外から日本に紹介された精力剤の成分の中で、マカほど急速に知られるようになったものは他にはないのではないでしょうか。それほどマカには滋養強壮、あるいは精力剤の成分がギッシリと詰め込まれており、それは「天然のバイアグラ」と称せられるほどです。マカは2000年以上も前から、南米のアンデス地方の海抜4000メートルにも達するような高地で栽培されてきました。その高い栄養分や希少価値から「アンデスの女王」、...

精力剤の成分として、これも定番なのが高麗人参です。実は高麗人参も朝鮮人参も、マタオタネニンジンも同じものですが、高麗人参と言った方が何となく高級感を感じさせるので不思議です。高麗人参の起源は古く、2000年以上前に原産地である朝鮮半島ではすでに食用などとして用いられていたという発見のデータが残っています。紀元前1世紀には「急就草」という書物にも登場しており、すでに多くの人によって食用や薬として使用...

鹿の角は漢方では鹿茸(ロクジョウ)と呼ばれています。鹿の角は漢方薬の中でも最も高級かつ効果があるものとして、3000年以上に渡って珍重されてきました。中国では今でも麝香、牛黄、鹿茸は3大漢方として君臨しています。鹿の角が毎年生え変わることは比較的よく知られています。新しい角は毎年春先から徐々に形成されますが、その際角が生え始める頃のまだ小さな角を特に袋角と区別して呼んでいます。袋角はまだ柔らかく、...

冬虫夏草という成分に関しては、名前くらいは耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか。冬虫夏草は文字通り冬の間は虫の形をし、春が来ると芽吹いて夏には草となる不思議なきのこです。冬虫夏草は中国の生薬として使用される、いわば正真正銘のものと、似たようなものとに大別されます。本物の冬虫夏草は、コウモリガ科の蛾の1種の幼虫に菌が寄生したもののみを指します。そのため中国では冬虫夏草といえば1種類のみしか...

のっけから恐縮ですが、亜鉛は欧米では「セックス・ミネラル」と呼ばれています。もちろん科学的な記述などでは、亜鉛(Zink)と正式な名称が使われます。しかし一般的に精力剤の成分として語られる際には、やはりセックス・ミネラルと呼ばれることが多いのです。ではなぜ亜鉛はセックス・ミネラルなどと呼ばれるのでしょうか。その答えは亜鉛の、人体に体する主な働きを見れば分かります。人体には元々亜鉛が必須微量元素とさ...